メニュー

トピックス


びんご経済レポートに掲載されました

 

びんご経済レポート 【この「人」に聞く】コーナーで紹介されました。

誌面の記事内容を以下に抜粋しました。

 

bingo2(小) 国産滑り止め付き手袋の生産・加工量で日本一を誇るのが、福山市にある福徳産業(株)。関連会社のエキヤ産業(株)で年間600万双の手袋を製造し、そのうち400万双は福徳産業で滑り止め加工を施して販売する。

 5年ぐらい前に発売した女性向けのカラフルな手袋が最近のヒット商品。女性が使いたくなる滑り止め付き手袋で、新たなファンを開拓した。一方で作業洋品店ルート以外の新たな販路開拓にも注力。誰もが名前を知る大手メーカーの工場にも、福徳産業の手袋が納入されるようになった。

 同社の細田信彦社長に会社の歴史や近年の状況をお聞きするとともに、今後の抱負をうかがった。

 

 

 

<記事の続きは右の画像をクリックしてご覧ください>

 

 

 

 

(びんご経済レポートより転載)

 

blue-bar

物流ニッポンに「キュキュラ」が紹介されました

 

業界新聞の物流ニッポンに「キュキュラ」が紹介されました。

紙面の記事内容は以下に抜粋しました。

 

物流ニッポン作業用手袋メーカーの福徳産業(細田信彦社長、広島県福山市)は2018年から、販路を物流業界に拡大する。女性向けに企画したカラー軍手が流通現場で好評なことから、倉庫や運送会社で働く女性にもPRしていく構えで、物流向けの新商品も開発中だ。

 数多くの商品アイテムの中でも、特に女性を意識したのが、滑り止め付き軍手「キュキュラ」。小さい手にもフィットするよう、伸縮性が高く網目の細かいナイロン糸を使用し、小指の股を下げる三本胴編み製法を採用。「世界一かわいい手袋」をコンセプトに、流行色も考慮しながら全9色をそろえている。

 もともとは家事やガーデニングなど家庭での利用を見込み、ドラッグストアやスーパーマーケット、ホームセンターなどで販売。しかし、販売店のバックヤードなど流通現場で作業する女性に好評を博し、リピーターも増えた。

 細田社長は「仕事中も、可愛い物を身に着けたいという心理に受け入れられたようだ。女性の活躍が期待されている倉庫や運送の現場でも、キュキュラを普及させたい」と説明する。

 更に、労働災害防止も念頭に置いた物流用の手袋も開発中。早ければ11月中に完成する予定で、18年からの本格販売に合わせ、これまでは縁の無かった物流企業向けの販売チャンネルも構築したい考え。

(矢野孝明)

(物流ニッポンより転載)

 

blue-bar

モデル撮影を実施しました

 

この度、福徳産業は商品カタログやリーフレットのレベルアップを目指し、プロのカメラマン、そしてプロのモデルによる撮影を行いました。 今までは、我々素人カメラマンが社内の営業マンをモデルに撮影し、それはそれでお得意先様には親しみのある作品だったと思います。しかし今後はより高いレベルを目指し、お客様にとって、分かりやすく見やすいカタログ・リーフレットをお届けできればと思っております。(2016年11月)

 

 

 

 

ページトップへ戻る