メニュー

細田進の週間新聞

細田進のほぼ週間新聞 Vol.332 ~新規開拓~

2014.9.8 (月)

~新規開拓~  

顧客維持が大切なことは先週書いたが、時代が激変している現代は、企業の成長を支えるためには新規開拓も欠かせない。

  

しかし、顧客維持と新規開拓は仕事の質が全く違う。

顧客維持の仕事はルーティワークが主体だが、新規開拓は発想力や提案力が欠かせない。

 

私の経験では新規開拓が得意な人とそうでない人は必ずいる。

そんな適正を判断するのも幹部の重要な仕事といえる。

 

 

細田進のほぼ週間新聞 Vol.331 ~顧客維持率~

2014.9.1 (月)

~顧客維持率~  

毎年10%ずつ顧客離脱が発生すると仮定した場合、1年目の顧客維持率は90%となる。

2年目は90%×90%で81%、3年目は90%×90%×90%で72.9%となり、新規顧客をまったく増やさなければ7年で半分以下になる。

 

ある統計では、顧客維持率が高い企業ほど、利益水準は高い傾向にある。

企業が売上を伸ばすには新規顧客の獲得とともに既存客をいかに維持できるかが重要となる。

  

一般的に新規顧客の獲得コストは、既存客維持のコストよりもはるかに高いと言われている。

つまり顧客維持率が高い企業ほど利益が出やすいということになる。

 

 

細田進のほぼ週間新聞 Vol.330 ~災害に備える~

2014.8.29 (金)

~災害に備える~

先週、広島市で大規模な土砂災害がありました。

被害確認の電話やメールを多数いただきましたが、福徳と広島市は100キロほど離れており、当時福徳のある福山市や私の自宅付近では雨さえも降りませんでした。

亡くなられた方、そしていまだに行方不明の方も多数おられ心が痛みます。

 

しかし最近、このような災害が多発しており、いつかは自分にも降りかかることとして備えなくてはなりません。

 

我が家では、もしものときのために水・食料・カセットコンロ・LEDライト・電池などを揃えていますが、復旧作業にはカッパ・長靴・安全靴・作業服・ヘルメットなどが必需品となります。

 

ワークショップにはこれらの品揃えが多数あり、災害時には大きな役目を担うことになります。

そして、結果的に地域貢献になることを感じます。

 

 

 

ページトップへ戻る